2007年05月11日

<台北/台湾>

「兵馬傭 特展」国立歴史博物館にて開催

2007年5月12日(土)〜7月31日(火)まで、台北国立歴史博物館にて「兵馬傭 特展」が開催されます。
「兵馬傭」は世界の文化遺産に指定され、「世界八大奇跡」の一つと言われています。
今回は中国より実物の兵馬傭18点、ほか秦時代の文物およそ100点を各地の博物館より借り受け展示されます。
注目すべきは緑面跪射俑(彩色兵馬傭)で、その色は他の兵馬傭と異なり、考古学上極めて少ない完全な彩色上絵の陶俑と言われています。
他にも青銅のツル、石の鎧などの一級文化財、最近発掘された春秋戦国時代の青銅、陶製の儀式の器と生活用具も展示されます。

-開催期間:2007年5月12日(土)〜7月31日(火)
-開催時間:10:00〜18:00
-開催場所:国立歴史博物館(台北市南海路49號)
-入場料 :大人 200ニュー台湾ドル、学生 150ニュー台湾ドル

【詳細】
  国立歴史博物館(英語、中国語) 
http://www.nmh.gov.tw

heiba.jpg

●兵の表情はいきいきとして今にも動き出しそうです。


(編集:笠井)

投稿者 suzuki : 12:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/708

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)