2006年12月04日

「ブラジルっ子とサッカー交流」

 みなさん こんにちは!
7ヶ月の中南米放浪を終え、アフリカ大陸に入りました。

現在地は、ナミビア
南米から南アフリカ共和国のケープタウンに入り、アフリカペンギン96%9C%E6%9C%9B%E5%B3%B0">喜望峰や、テーブルマウンテン黒人居住区(タウンシップ)を見学し、バスで20時間かけてナミビアにやってきました。
ここも、街はアフリカというより、ヨーロッパのようにきれいなんですよ。
ちょっと意外でしょう。
でも、ここがアフリカである証拠はやはり黒人さんの存在です。

 実は・・私達、ケープタウン向かう飛行機の機内で、手錠をはめられた犯人?と一緒で、その黒人の男性が機内で怒って怒鳴って、暴れるという事態を目の前にしたのです。
睡眠をとるはずの8時間半のフライトはその緊張や恐怖やらでほとんど寝れず、なんか、妙な恐怖が残ってしまいました(特に、私と長男)。
で、街にあるけば、街行く人はみんな黒人さん。
なんだか、オドオドするんです。
でも、それも数日。
いろんな人と話すうちにその気持ちは今は全くありません。
みんなとても親切でやさしいです。

 さて、前回はアルゼンチンで遭遇した強盗事件のホヤホヤな話を書きましたので、話が前後しますが、その前、ブラジルサンパウロには1ヶ月間滞在し、子供達念願の
「ブラジルでサッカー」
に触れてきましたのでそのお話を。

 ブラジルといえば、やはりサッカー。
本場ブラジルでサッカークラブに入る!
というのは、子供達の夢だったんです。
南米はどこでもサッカーが盛んなので、本当は物価が高いブラジル(日本の7割〜9割程度)ではなく、物価が安い国で・・と思っていたのですが、やはり、”ブラジル”でやりたい、のだそうで。

 で、これに関しては、日本を出発する前からかなり調べました。
が、しかし、普通の小学生が、1ヶ月間だけ、簡単に入れるサッカークラブというのは、なかなか情報がないんです。
ポルトガル語のサイトが読めればいいのでしょうが、読めない・・。

 例えば、中学生以上ぐらいになると、ちゃんとしたサッカー留学(プロ養成)もあるのですが、小学生ではむり。
もちろん金額的にも技術的にも高いし、もっと、普通の現地の子が楽しくやってるよーな、庶民的なクラブを見つけるにはどうしたらいいのだろう・・とネットや友人知人に散々聞いてまわりました。
でも、結果、収穫はなく・・。


 でもサンパウロには、リベルタージという東洋人街があって、日本語が通じる日系人社会があるんだし・・きっとなんとかなるはず・・と。

 なにしろ、スペイン語はほんの少し分かるようになったけれど、ブラジルはポルトガル語。
似ているとはいうけれど・・・。

 といわけで、こっちにきてすぐに、日系人社会でサッカークラブ探しを始めました。
が・・意外にも、というか当たり前ですが、子供のサッカークラブなんて、自分の子供でも通わせていない限り知らないんですね。
いろんな方が、いろんな方を紹介してくれたのですが、知らないのです。

 例えば、日系人で、高校生以上大人向けのサッカークラブを経営している人に聞いても、小学生のクラブは知らなかったし、小学校に行けばと思いましたが、学校は治安上の対策で、外部の人が入れないように高い塀で囲まれ、警備員が立っているし、グラウンドは校舎の外でなく内側にあって、見ることはできないんです。
ブラジルだけでなく、中南米の学校はみなそう。
アジアのように、開けっ放しで、ちょっと見学!ってわけにはいかないのですね。
また、午前と午後の2部制なので、日本のように夕方は子供達が校庭で遊んでいるってわけでもないのです。

 そういうわけで、いろんな人にお世話になりましたが、見つからず、その度に子供達は、
「ぼくたち、サッカーできないのかな?」
と不安そうに。
うーーん、困った、なんとかしなければ・・。

 最後に残った情報が、宿で2日間一緒になって日本に帰国した名古屋の女性がくれたもの。
彼女が帰国前、友達になったこっちの大学の先生に聞いてくれたのです。
それは、
「よくは知らないけど、地下鉄ベルゲイロ駅周辺にあるらしいよ」
という情報。

 しかし、駅の周辺と言ったって・・どこをどう探していいのやら。
でも、これまでのすべてのアテがはずれてますから、もう、これしかない。

 とりあえず、駅に行って、その周辺の店に聞くと、意外にもすんなり答えが返って来ました。
ああ、ある、ある。あそこにあるよ、と。

 というわけで、それでも、”あそこ”がなかなか分からなくてウロウロしましたが、クラブを見つけることができました。

 出逢いって本当に面白いなーとつくづく思いましたねー。
現地のことだから現地の人に聞く、という観念にとらわれていましたが、まさか、旅人からの情報で
見つけられるなんてですね。

soccer2.jpg

つづく。。。

久米 美都子

投稿者 suzuki : 04:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/591

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)