2006年07月19日

シリアラインの楽しみ方

また「豪華」でありますから、上には上が有るようで、もっと高い部屋もあります。

 シリアラインは、2種類の船があり、1つは、乗船口からほとんど中は吹き抜け↓で、その両側に高く客室がみえ、もうほとんどホテルというものです。

071305.jpg

 そんな海に浮かぶホテルがヘルシンキの港をゆっくり離れていく風景は何度見ても飽きません。
ヘルシンキはいくつもの島があり、島には明かりが灯されて、その間を通っていくのは、まるでディズニーランドのアトラクションを楽しんでいる感じさえしてきます。
プールもあります。↓

071304.jpg

また、一つの街です。
吹き抜けの下は通りとなっていて、街灯があったりもします。↓

071302.jpg

結構遅くまでやっているのですが、12時頃となり、ほとんどの店が閉まったその通りは静かで、喧噪がなくなった分またその静かさを楽しめます。
窓の外は真っ暗ですが、それはそれで楽しめます。
時に甲板に出て、風を浴びるのも一つの楽しみです。

夕方のレストランでは、きかざった方たち食事を楽しんでいたり↓遅くまであいてるディスコやバーでも、普段着やドレスの様々な人たちが楽しんでいます。

071306.jpg

ヨーロッパ的な楽しみ方ってこんなものかなと感じています。

朝早く起きる静かなとおり歩くのもまた一興ですね。
静かな中ビュッフェで、窓の外を眺めながら軽い朝食と濃いコーヒーを楽しむなんて何ともいえません。
絶対1回はいってみるべきかなとおすすめです。
(ヘルシンキに行くたびにのってますね。)

 チケットは、私が行ったのは冬でしたが、(でも乗客は多かったですが)、前日にヘルシンキ駅でとれました。
でも、夏は早めに取っておいた方がいいかもしれません。

(*エアーリンクでも予約は可能です。by 笠井^^)

そう、冬なんかほとんど日本人は乗っていません。
もったいないなと感じてます。

つづく。。。。。

shimmyo

編集:笠井


E−Mail

投稿者 suzuki : 08:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)