2006年07月18日

バルト海を横断する豪華客船

*感謝しつくせぬ思い。

弊社の会員様、shimmyo様より原稿を送っていただきました。
本日より数回にわたり、ヨーロッパの話題をお届けいたします。

本当に毎回、ありがとうございます。
支えられていることに、心から感謝いたします。

(エアーリンク千葉店 スタッフ一同)


7月15日土曜日の新聞を見ていたら、週刊誌の広告の「週刊現代」で「大前研一さんが案内する世界極上の旅」なる文に眼をとめてました。
そしてその横には「SILJA LINE」↓と書かれた白い船の写真が有りました。

silja.jpg

 すかさず本屋で週刊現代を立ち読みするとバルト海を行くシリアラインの豪華客船が見開きで載っているではありませんか。
それも夏の北欧の緑いっぱいの風景の中をいく姿でした。

 この白いアザラシマークの豪華客船は、私も絶対お勧めします。

 スウェーデン・ストックホルムとフィンランド・ヘルシンキ間をほとんど毎夕18:00、それぞれの港から出航し、それぞれの港に朝の9時頃につきます。

 大型フェリーでもあり、エレベータなら12階まであったと思います。
中には、レストラン、バー、カジノ、ゲームセンター、デューティフリー、それから映画館やエステ、サウナもあったりです。
一晩ではとてもじゃないですが遊び尽くせません。

 日本では、豪華客船というと飛鳥とか、それなりに乗船料が必要となるのでしょうけど、このシリアラインは、船底の4人部屋なら6000、7000円で乗れました。

(*シリアライン料金、参考までに1ユーロ=約148円(2006年7月18日現在))

 ホテルで1泊するよりも安く泊まれて、かつ移動できるというのは一石二鳥で、くわえて、豪華客船の旅を楽しめてしまうのです。
バックパッカーには、もってこいです。

つづく。。。。。

shimmyo

編集:笠井


E−Mail

投稿者 suzuki : 08:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/344

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)