2006年07月14日

我がメルボルン大学に思う。

4.メルボルン大学が強い学問(医学・法学)

さて各大学ごとに強い学問分野はありますね。
メルボルン大学で伝統的に医学部と法学部が強いです。
勿論、それらの学部に入学するのは難しいです。

日本の大学でもそうかもしれませんが、この伝統的に強い医学部と法学部はとてつもなくいい施設を持っております。

医学部はキャンパスで一番デカイ建物を持っております。
また、法学部は昨年15階建ての法学部専用のオフィスビルみたいのを建てました。

情報システム学科は最初はビルの1フロワーしか設備がなく、去年2フロワーに拡張して、やっと昨年末8階建てのビルを建ててコンピューターサイエンス学科と共有できるようになったばかりです。

5.スポーツ

メルボルン大学はスポーツは強くないと思います。
あまり、活躍したとは聞きません。
設備的には、大きなクリケットグランドとホッケーピッチ、それとバスケットコート3コート分の体育館(小さいですよね。)と筋トレ用のジムと室内用の25mのプールがあります。

私は、1年生の時にボート部に少し入り、一人乗り、二人乗りのボートを川で漕いでおりました。
3回くらい川に転落したことがあります。

サッカー部の練習にも少し参加しました。
フィジカルの面ではオーストラリア人はめちゃくちゃ強いですね。
私なんかすぐに吹っ飛ばされます。
ただ技術的面では日本人の大学生の方が細かいことができるような気がします。

ただし、オーストラリア人でも、クロアチア・イタリア育ちでサッカーのメチャクチャ上手い人もおります。
ちなみに、アジア人と遊びでサッカーをよくしますが、アジアのサッカーレベルは日本と比べると低いです。

私は高校でサッカー部に入っておりましたが、今でもリフティングは100回は問題ないですし、右利きですが、左足も怪しいですが使えます。
アジア人はリフティング20回も怪しいやつがゴロゴロしております(俺の友達だけかな?)。

また、昨年はフェンシング部に半年入部しました。
これまた、面白い経験でした。

次回はメルボルン大学の授業料などについて、お届けいたします。


G.K.

E−Mail

投稿者 suzuki : 19:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/338

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)