2006年07月10日

我がメルボルン大学に思う

今回は私の通う“メルボルン大学”について書いてみたいです。

1.先ずはオーストラリアの教育制度について

オーストラリアにも勿論義務教育があります。
先ほどホームステイのおばさんに聞いたところYear10(高1)まで義務教育だそうです。
でも、ほとんどがYear12(高3)まで進学するそうです。
この辺までは日本と同じですね。

大学入試も日本とかなり似ていて高校の2年と3年生の時Victoria Certificate of Education (VCE)というビクトリア州の統一試験を受けないといけません。
日本でいるセンター試験と基本的に同じです。
実際、私はこのVCEを受けておりませんのではっきりは分かりませんが、このVCEの試験の点数が、行きたい大学の学部・学科の必須科目と得点を満たせていれば合格です。
ちなみに2次試験はありません。

また私大もこのVCEの点数で選抜をしているので、大学入試はこのVCEの点で全て決まります。
例えば、「モナシ大学の医学部は数I,IIと物理、化学が必須で平均99点が必須」とかです。

では行きたい大学に入れなかった場合は?というと、“浪人”という概念を聞いたことはありませんが、取りあえず合格できる大学に入り、そこで1年間がんばってその成績がよければ、難易度の高い大学に編入出来るみたいです。
実際に私の友達でおりますが、メルボルン大学の法学部に入れなくて、ラ・トローブ大学の法学部で1年勉強して、そこで得た高得点をお土産にメルボルン大学と法学部に編入してきた友達を知っております。

2.メルボルン大学の特徴

オーストラリアで最初の大学はシドニー大学で、その翌年に設立されたのがメルボルン大学です。
メルボルン大学の歴史はちょうど今年で150周年になります。
このシドニー大学とは何かと強烈なライバル感を持っております。
と言う訳で、歴史を感じさせる大学です。
添付の写真にもある通り、イギリス調の古い建物を主としたキャンパスです。
レンガ造りの建物が多いせいか“ずっしり”した感じがキャンパスに漂っております。

また、大学はTheory Based Universityですね。
つまり、実利的なことを教えないで、原理原則論を教えるのに熱心ですね。
大学としては、それなりにすぐに役に立つ知識をカリキュラムに入れている、使えない知識は与えていないと言っておりますが、目指しているのはResearch Uniですね。
つまり、学術研究を主とした大学です。
例えば、私の専攻している情報システムの分野では、似た科目を教えるモナシ大学は、MCSE(マイクロソフト技術者認定資格)やシスコのネットワークエンジニアの資格対策の科目を持っております。

つまり、単位も取れて、ついでに資格の勉強まで出来る訳です。
また、同じくスウィンバーン工科大学ではITを専攻している学生は1年間の実務研修が必須となっております。

しかし、メルボルン大学はあまりこういう実利的な学問は興味ないようです。

大学は基本3年しかありません。
日本とアメリカは4年間大学に通わなくてはいけませんが、オーストラリアの大学は1年短いです。
これは1年間の教養科目をとる期間がなく、大学の1年目から専門の勉強をするからと聞いております。
つまり、情報システム学部だと1年目からばりばりプログラミングを勉強します。
しかし、私はファンデーション・コースとう準備コース(授業はキャンパス内で行なわれる)に1年通ったので、大学は皆様と同じ4年間通いました。
ただし、工学部は4年、医学部と建築学部は6年間の期間が必要です

Research Uniを標榜しているだけあり、学問上での不正は厳しいです。

3.大学での知識は90%は自習。10%は大学から。

これは、皆様もまったく同じだと思いますが、大学って基本的に向こうから何かしてくることは無く、こちらから何かしないと、学生を放って置きっぱなしですよね?
科目によって授業時間が異なりますが、管理学とか、経済学とか論理が主体の科目は1週間の内に50分の講義が2回と50分の小クラスが1回です。
ですので、授業の時間は少ないです。

後は自習か友達といっしょに勉強するしかないです。
実際私も授業外の自習で得た知識が90%くらいですね。
大体、大学といるのは自ら学ぶ場所で、カリキュラムはあくまでガイドラインの様なものなんでしょう。

meluni1.gif

meluni2.jpg
No6.Trinity College。キャンパス内にある学生寮です。


次回は、大学で得たもの。 です。

G.K.


E−Mail

投稿者 suzuki : 19:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/304

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)