2006年05月25日

「戦争広告代理店(情報操作とボスニア紛争)」(高木徹・著、講談社)

 「戦争広告代理店(情報操作とボスニア紛争)」(高木徹・著、講談社)↓という本もあります。
senso.jpg

第1回新潮ドキュメント賞、第24回講談社ノンフィクション賞を受賞したものです。
ちょっと難しいのですが、紛争当時の情報操作という面から細かく書かれています。

 サラエヴォは、まだまだ、格差が大きく生活水準は低いのかもしれませんが、確かに、にぎやかに、復興していると見ることができると今回感じました。↓
sara.JPG
(shimmyo)様から送っていただいたサラエヴォの画像

 ただ、とりあえず一段落しているという状況であり、実は紛争は完結してはいないらしいです。
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの2つの(クロアチア人を入れると3つ)の民族問題も残っていますし、南のマケドニアのほうでは、コソボにもまだまだ、火種があるのだそうです。

 このさき、中欧(※近頃は東欧より中欧を使います。)のこの地区に紛争がおきて、報道される時、ちょっと今回のこの話を思い出していただければ幸いです。
情勢を理解するのは、ほんと、難しいのですけど・・・。

つづく。。。。。

(shimmyo)

次回は、もう一冊、サラエヴォに関する本。
「国境を駆ける医師イコマ」をご紹介いたします。

E−Mail

投稿者 suzuki : 06:04 | コメント (2) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/201

コメント

昨日の夜にニュースを見ていたらイスタンブールの空港が炎上していました。
途中からみていた私には9.11の映像が蘇りワールドカップに対する宣戦布告か?クルド人か?

と不安が過ぎりましたが・・・良かった良かった電球のショートが原因だったみたいですね。・・・って紛争問題じゃなかったのは良かったけど、あの火災は尋常じゃないです。

暫くはイスタンブール空港は乗り入れ出来ないですよね。(旅行会社のみなさんは大丈夫ですか?)

投稿者 堤 : 2006年05月25日 09:39

堤さん、ありがとう。

何とか食べてますよ〜。

投稿者 笠井 : 2006年05月25日 11:47

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)