2006年05月09日

Australian Citizenship(オーストラリア市民権)

また、永住権の上をいくものとして、Australian Citizenship(オーストラリア市民権)があります。
この”市民権”を取得すると、なんと別に5年間のうち3年間オーストラリアにいなくてはいけないという規則はありません。
また選挙権ももらえるというすごいものです。

しかし、これも条件があります。
日本も含めてほとんどの国で、二重国籍を認めておりませんので、日本とオーストラリア、2つの国籍のメリットを享受するという甘い生活は無理です。
私の知っている中では、イギリスが二重国籍を認めております。

永住権取得は身の安全のため?

私の友達で永住権を取得した人のほとんどの理由は、”Security(身の安全)”のためです。
東南アジアからの留学生は国が政情不安定、また中国系の移民など人種に対する差別から、とりあえず永住権を取得して、どちらの国にでも行き来できる状況にするという意図があります。

私も覚えておりますが、1997年にインドネシアで、中国系移民に対する暴動がありました。
オーストラリアは隣の国なので、結構大きく取り上げられておりました。
また、中国系インドネシア人の友達も、首都ジャカルタにある中華街が焼き払われたとか、父親の経営しているお店の閉店時間を早めなくては、いつ店が襲われるか分からないなど、戦々恐々としていたのを覚えております。

次回は「英語に関しての考察 in Australia」をお届けします。

(G.K.)


投稿者 suzuki : 09:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/180

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)