2006年04月07日

オーストラリアからの手紙

本日より、弊社会員様のオーストラリアからの手紙をご紹介いたします。
留学中に感じたところを毎週綴ったE-mailです。

メルボルンの本日の天気は、曇りでした。
しかし、気温は最高25か26度くらいで、暑かったです。
ただ、湿度がほとんどなくカラッとしているので、室内にいると温度を気にせずに結構快適です。
ホームステイにはクーラーはありませんが、全く問題はありません。

ところで、外国に居るとささいな文化、社会システムの違いに考えさせられることが多いです。
また、個人的に社会の仕組みについて考えることが好きです。

つきまして、日々の日常生活の中で気づいたこと、日豪の文化の違いについて、1週間に一度、一つのトピックに絞って
“オーストラリアからの便り”
として、3月に帰国するまでメールを送付したいと思い立ちました。

ozmap.jpg

実は、オーストラリアの教育産業は、農業、鉱業についで大きな産業で、オーストラリア経済に占めるウェイトは大きいです。
これは、学校教育はしっかりし ている、教育の質が高いということではなく、たくさんの留学生を受け入れて、彼らの授業料がオーストラリア経済に貢献していることを示しております。

確かに、留学生が来れば、公立私立問わず、授業料からの収入増が望めます。
更に、留学生=外国人ということで、外国人がこの国で生活するには、家賃、食費、交通費等、留学に伴う出費が発生します。
これらの出費もまた、オーストラリアの経済を活性させるということで、オーストラリア連邦政府(オーストラリアは複数の州から成り立っています。)として、多く の留学生を受けいれる方針を持っております。

つづく。。。。

(G.K.さん)

メールはこちら

投稿者 suzuki : 09:55 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)