2006年04月03日

ランツゲマインデ(青空会議)

見どころは、地域の歴史や文化を紹介するアッペンツェル博物館、聖マウリティウス教会↓、ランツゲマインデ広場↓など。

The viewpoints are Appenzell museum that introduce the history and the culture in the region, Saint Mauritius church ↓ and plaza of Lanz Gemeinde ↓ etc.

saint.jpg
聖マウリティウス教会

inside.jpg
教会の中

appen.jpg
ランツマインデ広場

広場では年に一度、4月の最終日曜に中世の儀式にのっとった「ランツゲマインデ(青空会議)」が開かれます。↓

"Lanz Gemeinde (blue sky conference)" that follows the ceremony in the Middle Ages is opened on final Sunday in April. ↓

rants.gif

この集会は、民族衣装にサーベルを携えた参加者が、広場で真剣に討議を行うもので、州内でもこのエリアだけに残る珍しい風習です。

In this meeting, the participant who had the saber is the one seriously discussed in the plaza, and intrastate is unusual manners in the ethnic costume that remain only in this area.

つづく。。。

To be continued....

笠井 美和

Miwa KASAI

メールはこちら

投稿者 suzuki : 08:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)