2006年02月17日

スペインは世界第三位のワイン生産国

フランスやイタリアのものほど知られてはいませんが、味はまさるとも劣りません。
スペインのワインは食事中に飲むためのものが多いので、スペインらしさが味わえるのは食事に合う赤ワインです。
果実味がしっかりしていて、コクがあり、飲んだあとに甘味が残ります。
さらに、味わい深い。
全土に50以上の産地がありますから、訪れた土地ごとに、そこにしかないワインと出会えるはずです。
小さな酒場や食堂で、その名も知らぬワインを楽しむのが、ほんとうのスペインワインの楽しみ方でしょう。

 よく知られているのはリオハのワインですが、現在のリオハワインは、十九世紀にフランスのボルドー地方の職人によってもたらされた醸造技術でつくられているものが多く、しかも近代的な技術も導入されていますから、ほんとうのスペインスタイルのワインとは言えません。
おすすめは、高級ですが、リベラ・デル・ドゥエロのもの。
よいものになると、スペインのトップクラスのレストランでもあまり置いていませんが、スペインワインの特長を味わうには最適です。

ソムリエ  水野 幾郎

スペインワインおすすめホームページ
Wines from Spain
http://www.jp.winesfromspain.com/index.html

イベント情報
日時:   2006年3月14日(火)〜17日(金)
       10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会場: 幕張メッセ

「FOODEX JAPAN 2006」にスペインワインの関連各社が出展します

swhistory.jpg
ワイン貯蔵庫(写真はイメージです。)

メールはこちら

投稿者 suzuki : 09:48 | コメント (0) | トラックバック (1)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/86

ビーニャ・アルバリ 1999 from wine!wine!wine!*netjinsei (2006年05月06日 16:46)

ワイン,スペイン,テンプラーニョ ...

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)