2006年01月30日

UP TO YOU (あなたにお任せします。)

6年前に高校・大学時代の友人とタイへ旅行に行きました。
この旅行は今思い出しても凄くラッキーでした。
航空会社の正規割引航空券(注1)と弊社の格安航空券(注2)で料金が安い方で手配しました。

その時は後者の方が安かったです。デメリットは事前の座席指定ができないこと。。。。。
出発当日、空港で座席をアサイン(注3)してもらう時に出発便が非常に混んでいて4人が座席がバラバラになってしまい、しかも3人掛けの真ん中で 前後もバラバラそれは見事な状態でした。

そこで知人で口達者・芸達者のT君が航空会社の係員に紳士的かつ涙目で訴えました。
『この旅行は旧交を深める目的で4人がなかなかスケジュール会わない中、卒業以来久しぶりに会ったのです。
行きの航空機でもいろいろ語り合いたいのになぜこんな仕打ちを受けなくてはいけないのでしょうか?』
『自分は旅行慣れしていなく一人では不安です』
とか最後には
『一生恨んでやる』
とか、もうめちゃくちゃです。

隣で聞いている私は当然、旅行会社のスタッフとして正規割引航空券しかお座席の指定ができないことは知っていますし、こちらの要求がめちゃくちゃなのはわかっていますが、ただひたすら話の成り行きを見守っていました。
もちろん心の中ではT君を応援していました。

今回の航空会社の空港スタッフの女性も非常に良い方でいろいろな提案をしてくれたのですが、駄々こねている内にだんだ席がなくなってしまい最後には根負け?したスタッフの方がなんとビジネスクラスでアサインしてくれたのです。

本当に快適な旅行のスタートでした。

個人旅行でしたので、ホテル予約以外は全く手配していませんでした。
たまたま4人で食事の帰りにタクシーを拾おうとしている時に、親切な感じで声を掛けてくれたのがアナンMR.です。
それ以降タイに行く時はいつもアナンMR.に連絡を取り送迎などお願いしています。

アナンMRは英語が達者で極めて紳士的なポンビキでした。
ポンビキといってもお土産店に案内する訳でもなく飲み屋に案内する訳でもありません。
ただ単にライセンスのないタクシー運転手(いわいる白タク)です。

料金はタクシーよりちょっと高いですが当時は新車のVOLVOを乗ってました。
話が非常に合い、気持ちの良い人だったので翌日、観光に連れて行ってもらいました。
ちなみにタクシー1日乗り回すと1,500バーツ(約¥4,500)くらいかかります。
アナンMRは UP TO YOU(注4) といいながら 1,800バーツ
くらいでニコッとします。(あまり UP TO YOU)ではないのですが。。。。

車で走っていて僕ら4人は結構ワガママですがANANさんはいつもマイペンライ(NO PROBLEM)です。
またミネラルウォーターや健康飲料水を買ってくれたりと至れり尽くせりです。

現在は旅行会社として紹介しますといろいろまずいのですが、お客様の中で特に仲の良い方には 友 人 と し てアナンさんを紹介します。
皆さん喜んでくれます。
自分が行ったときに安くしてくれないかなあと思いつつもアナンさんはいつもUP TO YOU)です。

もしタイに行かれる方、取り会えず私と友達になりましょう。

この旅行でまたまた凄い事が出発の日に起きました。
友人のK君が寝坊してしまい空港に到着したのが、ギリギリでした。
オーバーブック(注5)してしまっていた様で座席がないと言われました。
友人の T君は 今度はジャパニーズビジネスパーソンに変身です。
『この飛行機で日本に帰らないと商談ができない』
『上司に怒られて会社を首になってしまう』
結局、3名がビジネスクラスに乗ることができ、じゃんけんで負けた H君が皆から¥5,000をもらいエコノミーの座席で帰国しました。

それ以降、ゴルフ仲間とタイに良く行きます。
11月にも行ってきました。いつしかアナンさんは仲間から尊敬されアナンMRから、アナン事務総長と呼ばれる様になりました。


注1) 正規割引航空券

航空会社が価格設定し販売している航空券。もちろん旅行会社でも同じ料金で取り扱いができます。
デメリット 予約後、3日もしくは7日といった購入期限がある。
購入以降は変更料・取り消しの場合は取消料がかかる。
(出発日まで何日といいったことはあまり関係がない)

メリット 
優先順位が高い(取りやすい)
座席指定ができる。    


注2) 格安航空券

旅行会社が各社独自の料金設定をしている航空券IIT(インディビージュアルインクルーシブツアー)と呼ばれる。
パック用運賃を航空券単体として販売しているものデメリットとしては予約の優先順位が低い。
座席指定ができない。


注3) アサイン

座席指定をする事

注4) UP TO YOU

あなたに任せる

注5) オーバーブック

実際の予約より多く予約を取ってしまう事。
予約担当者は出発の日にちょうど100%にするのがすばらしい担当者となる。
当日に取り消しになる方もいらっしゃるのでほとんどの航空会社で数字の読みこそ違え、多めに予約を受け付けています。
当日、座席が足らないと オーバーブック といわれたりします。
     
鈴木 崇夫

メールはこちら

投稿者 suzuki : 13:54 | コメント (3) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

コメント

やっほっ!ブログやってたんですね。さすが文才社長、タイの珍道中楽しく読ませていただきました。私もそこに同行しているような気分にさせられました。今年の社員旅行、アナンさんの紹介よろしくね。じゃまた。

投稿者 ごう : 2006年01月30日 14:35

この記事のT本人です。この旅行からダダをこねるクセがついてしまいました。特にカウンターで大の字になって泣きわめくのが有効です。みなさんもやってみてください!

投稿者 T : 2006年01月30日 18:36

ゴー君・T君 コメントありがとう
君たちだけだよ、コメントくれたのは。

投稿者 鈴木崇夫 : 2006年01月31日 08:53

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)