2006年01月13日

日本とも関係深いユニークな島

http://www.gateway-travel.co.jp/
mkasai@airlink.co.jp
kaido.jpg
済州島は朝鮮半島の南端に浮かぶ韓国最大の島です。
その中心には国内で最も高い漢拏山(ハンラサン 標高1950m)がそびえ、広大な裾野がひとつの島を形成しています。
東西73km、南北41kmとほぼ楕円形に近い島は、紺碧の海やみかん畑の風景、そして温暖な気候などで、のどかな雰囲気を醸し出しています。
済州島はもともとは耽羅という独立国で、韓国本土とは異なる独自の伝統や風習を今に伝え、その意味でも興味深いです。

日本との関係も深く、『日本書紀』には、660年頃の耽羅(タンラ)が何回も記されているし、済州島側の神話によれば、済州島の始祖3神人の妻となったのが「日本のお姫様」と伝えられています。
日本と済州島との関係に関しては司馬 遼太郎氏の『街道をゆく・耽羅紀行』に詳しく書かれています。

つづく。。。。

Jeju island is the biggest island in South Korea that floats on the south end of a Korean peninsula.
In the center of the island, there is the highest mountain - Hanrasan above sea level 1950m - that forms the island.
73km spread between east and west, 41km spread between south and noth.
The shape is almost oval.
Because of its scenery of the blue ocean or the field of mandarin orange and mild climate, it has peaceful atomosphere.
The Jeju island is originally independent country called "Tanra" and has their original tradition and customs that are different from Korean main island.
That is very interesting.

The relation to Japan is also deep.
In "Nihonshoki", Tanra about 660 years is recorded many times.
According to the myth of Jeju island, Princesses of Japan became wives of three founder Gods of Jeju island.
The relation between Japan and Jeju island is being written in detail in "Going the way - trip of Tanra" of Mr. Ryotaro SHIBA.

To be continued....


投稿者 suzuki : 09:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.gateway-travel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)